小手先の話

f:id:k_kinukawa:20100811201158j:image
半田ごての先を交換しました.
半田ごては,使っているうちにコテ先が酸化して半田が乗りにくくなります.
定期的に交換が必要な消耗品です.
交換に伴い,先の形状を変えてみました.
コテ先には色々な形状があるのですが,自分は少し太めで斜めにカットが入っているものが好きです.
扱っている分野が分野なので,1mmサイズくらいの小さな部品の半田付けが多いのですが,だからといって細いコテ先はほとんど使いません.
コテ先の大切なパラメータとして,熱容量があります.
半田ごては,自分の熱を相手に伝えることによって,半田を溶かし部品を接合します.
コテ先が細いと,相手に熱を伝えるときに自身の熱も下がってしまい,半田がなかなか溶けないのです.
一方,コテ先が太いと,相手にがんがん熱を伝えることができます.
気をつけないと,部品をすぐに溶かしたり,熱で壊したりしてしまうのですが,慣れてくると太めの方がオールマイティーで使えて便利だったりします.
特に,GNDパターンにつながったパッドはなかなか半田が溶けないのですが,太めの半田なら楽々溶かせます.

広告を非表示にする