KinveyでPush通知

BaaSをいくつか評価している。
その中でも、KinveyParseがなかなかよさげ。
Kinveyを評価している中で、Push通知がうまく使えなかったのでメールを送ってみたところ、すぐに返事が来た。

証明書周りの設定をした上で、AppDelegateの中で

#import <KinveyKit/KinveyKit.h>

- (BOOL)application:(UIApplication *)application didFinishLaunchingWithOptions:(NSDictionary *)launchOptions
{
    // Override point for customization after application launch.
    NSDictionary *options = [NSDictionary dictionaryWithObjectsAndKeys:
                             @"YES", KCS_PUSH_IS_ENABLED_KEY,
                             @"push key", KCS_PUSH_KEY_KEY,
                             @"push secret key", KCS_PUSH_SECRET_KEY,
                             KCS_PUSH_DEBUG, KCS_PUSH_MODE_KEY, nil];
    
    [[KCSClient sharedClient] initializeKinveyServiceForAppKey:@"app key" withAppSecret:@"app secret" usingOptions:options];
    [[KCSPush sharedPush] onLoadHelper:options];
    return YES;
}
		
- (void)application:(UIApplication *)application didRegisterForRemoteNotificationsWithDeviceToken:(NSData *)deviceToken {
    [[KCSPush sharedPush] application:application didRegisterForRemoteNotificationsWithDeviceToken:deviceToken];
}

- (void)application:(UIApplication *)application didReceiveRemoteNotification:(NSDictionary *)userInfo {
    [[KCSPush sharedPush] application:application didReceiveRemoteNotification:userInfo];
}

- (void)applicationWillTerminate:(UIApplication *)application
{
    [[KCSPush sharedPush] onUnloadHelper];
}

な感じで設定をするらしい。
ここらへんのドキュメントがあまり詳しく書いてなかったのでmailを投げた次第。
無事Push通知を受け取れた。

Kinveyは料金体系が魅力的
Parseよりも柔軟。(特に、storageが)
もう少しドキュメントが親切だと嬉しい。

それにしても、BaaS界隈は盛り上がりを見せている。
サービスもポコポコ増えているみたいだし、Kinveyはついこの間、500万ドルの資金をベンチャーキャピタルから調達したらしい。
悲しいかな、大体の自作サービスは課金が発生するほどユーザーがつかないので、BaaS使っても十分評価することができる。
自分のようなフロントエンドエンジニアは、サーバサイドに時間を掛けずにBaaSを使ってどんどん試行錯誤をするのも手だと思う。

広告を非表示にする