make

まけ

iPad2を下取りに出してiPadを買ってきた

f:id:k_kinukawa:20120320203952j:plain

iPad買わないつもりだったんですよ。


会社では購入済みだし、解像度高くなってもiPhone4で体験済みだし、iPad2もっているし。
お金にも余裕ないし。
一方、海外のAppleStoreでは、下取りプログラムとかあっていいなー、日本でもあればなーとか思っていたわけですよ。
そしたら、実は日本でもソフマップと提携した下取りプログラムが存在することを知ったのが日曜日。
急にそわそわしてきたわけですよ。


それでも、iPad2を下取りにだすのもなー、とか思っていたんですよ。
箱とか捨てちゃったし、裏には傷みたいな汚れみたいなのがいっぱい付いているし、新型出ちゃったから大した値段にならないだろうと思っていたし。


ところが、ネットで見たら割りといい値段で買い取ってくれるっぽいじゃないですか。
で、念のため、念のために、箱がなくても買い取ってもらえるか電話で確認してみたところ、OKだと。
ついでに、初代iPadも買い取ってもらえるか聞いてみたら、OKだと。
これが本日15時30分頃。


おやつを食べて、iPadを準備する。
家にあるのは、
初代のwifi16GBと64GB、iPad2白wifi32GBの3枚。
初代は、妻がたまに実家に持って帰るので、ドナドナするのは初代16GBとiPad2に決定。
iPad2の方は、裏に汚れが結構あったが、プラスチック消しゴムで擦ってみたら綺麗にとれた。
あと、付属品として充電アダプタとケーブルも2セット用意。
中身をリセットして、家を出たのが16時頃。


新宿のソフマップ買取センター・クリニックに到着。
かなり混んでいて、どうも査定完了するのは22日らしい。
一応整理券もらって並んでみる。
20分くらい待って、自分の番が来た。
まず、初見でざっくり見積もり、箱なしだとマイナス¥500!
¥5,000くらい引かれるんじゃないかと思っていたので、これくらいなら誤差の範囲すぎる。
なぜか、25分位で査定してくれるとのことなので、待合室で待つ。
iPadだからだろうか。


使っていたiPad2は、この夏一緒に戦った相棒だった。
そんな一枚をお嫁に出すことにちょっと罪悪感を感じ、感傷的な気持ちになっていた。
というのは大嘘で、もうこの時は渋谷のAppleStoreに在庫があるか気になって仕方なかった。
感傷的な気分といえば、待合室に置いてあったサザンアイズを見て、内容を全く忘れていたことに驚いた。
ここで久しぶりに読まなければ、化蛇(ホウアシヲ)とかリバースハーンとか、一生忘れていたかもしれない。
最終巻だけ読んでみたのだけど、改めて読んでみるとめちゃめちゃ面白い。
最後の方はヤンマガで読んでいたのだけど、最後の方はグダグダでよくわからなかった思い出しかなかったのだが、コミックスで読むとちゃんと面白い。
中学生のことにはまったなー、機会があったらもう一度読みたいなー。


そうこうしているうちに、査定が終わって呼ばれた。
結果、

だった。
ありがたい。
(直近の週末なら、キャンペーンで10%増だったみたい。)
買取承諾して現金を受け取り、そのまま渋谷のApple Storeへ。
この時17時50分。


渋谷のApple Storeへ到着。
店内はごった返しているけど、入り口一番近くにいた店員に
iPad、16GB、白ありますか?」
あった!
購入!
Apple careいらない!
初期設定は帰ってやります!
GET!!
f:id:k_kinukawa:20120320222247j:plain
帰宅したのは18時50分だった。


結果、差額としては1万4千円くらいで抑えることができた。
Apple製品はサイクルが短いので、毎年のApple税が馬鹿にならない。
今回のiPadは正直購入を迷ったが、実質購入代金を低く抑えられればフォローを継続するのもやぶさかではない。
下取りを上手く使って、無理のないAppleライフを楽しみましょう。