make

まけ

ソニー ブルーレイディスク/DVDライター VBD-MA1を買ってみた

ソニーのハンディカムを購入して3ヶ月ほど経ち、そろそろ何かしらの方法で動画を保存しておきたいと考えていました。
自宅にはRAID1のNASがあり、そこにAVCHDファイルを保存していたのですが、それだけだと不安だったのとPC無しでも見られるようにしておきたかったので、ブルーレイディスクに焼くことにしました。
ブルーレイ再生機としてはPS3があり、テレビの録画はレンタルしているHDDレコーダーがあるので、改めてブルーレイデッキ的なものを買うのもなーと思っていたので、ブルーレイディスクライターを買うことにしました。

ソニー ブルーレイディスク/DVDライター VBD-MA1
ソニー (2011-08-05)
売り上げランキング: 985

実はハンディカムを買った時から気になっていたのですが、最近になって生産終了になったので早めに手に入れておかないと、と思い今回購入に踏み切りました。
f:id:k_kinukawa:20121125223304j:plain
届いてから、とりあえずハンディカムの中にある動画をまるごとブルーレイに焼きました。

使い方は簡単で、USBケーブルでハンディカムとライターを接続し、ハンディカムに表示される簡単ダビング的なボタンを押すだけでした。
本当にボタンを一回押すだけで丸々バックアップできたのには驚きました。

書き込み終了後、確認も兼ねてPS3でひと通り再生してみました。
自分で撮ったHD動画をリビングのテレビで見られるのはいいですね。
このライターはPCの外付けブルーレイドライブとしても使えるらしいので、今後色々な場面で使えそうです。
(macは動作保証範囲外らしいのですが、どうも動くらしい)

余談ですが、今年に入ったくらいから写真と同じくらい動画を残すように心がけています。
声の様子や周囲の音、動きを残して置けるのは動画ならではで、写真に比べて圧倒的に情報量が多いです。
後で見返した時に、写真と一緒に動画があるとその時の思い出がより鮮明に思い出すことができます。
昔に比べ、きれいな動画を撮るコストは格段に下がりました。
これから先、動画の重要性はより一層増していくのではないかと思います。
今撮っている映像をこのクオリティで残せるなんて、本当にいい時代だと思います。