make

まけ

Interface Builderに慣れてきた

Interface Builderが何をやっているのかわからなくて気持ち悪かった.
あいつを使えばUIを簡単に作れるのは良いけど,ソースのどこに何が反映されているのかわからない.
VisualStudioと同じノリでやっていたのがまずかった.


結局,IBはUIオブジェクトの定義ファイル(xibファイル)を作成するツールだというふうに理解した.
正しい理解では無いかもしれない.
IBでxibファイルを作り,File's ownerでクラスファイルとひもづける.
IBOutletやIBActionで変数や関数とひもづける.
クラスの実体化は,xibファイルが存在するので

settingsViewController = [[SettingsViewController alloc] initWithNibName:@"SettingsViewController" bundle:nil];

のようにinitWithNibNameで初期化してやればよい.
これでとりあえず動いているし,腑に落ちたのでこれで行く.