make

まけ

自分がここ数年実践している花粉症対策

要約すると、「耳鼻科行け」。

自分は、物心ついた頃から重度の花粉症でした。
アレルギーテストをすると、スギ、小麦、その他色々のアレルギー反応数値が残念な感じです。
発症すると、比喩でも何でもなく、くしゃみ鼻水が止まらなくなります。
そうなってしまうと、頭はぼーっとし鼻はヒリヒリしてまともな生活ができません。
甜茶、ヨーグルト、鼻うがい、ツボといった民間療法は試しましたが、気休めにしかなりませんでした。
数年前までは、市販の薬を飲んでいましたが、口がカラカラに乾く、眠くなる、何故か効かない時がある、といった不満を抱えていました。
ところが、ある時耳鼻科に行って治療をし始めたところ、劇的に症状が軽くなりました。

花粉症シーズンが劇的に楽になった

数年前、IPA未踏ソフトウェア事業に採択され開発に取り組んでいた時、「また花粉症が始まると、開発に集中できなくなって困るな」と思いました。
そこで、近所の耳鼻科に行って相談したところ

  • 花粉症の症状は、シーズンが始まる手前から薬を飲んでおくと重症化せずに済ませられる
  • 一旦炎症を起こしてしまうとそのまま悪化が続いてしまう
  • 市販の薬は量が調整できないし、合う合わないがある
  • 自己流で色々やってないで、もっと早く医者に来ればよかったのに

とアドバイス頂きました。
薬を処方してもらい、シーズン前から飲み始めたところ、例年に比べて劇的に症状が楽になりました。
(ちょっと鼻づまり気味、くしゃみがたまに出る、程度)
上に挙げた不満な点も起きませんでした。
それ以来、毎年花粉症シーズンが始まる前に病院で薬を処方してもらい、乗り切っています。

今年も行ってきた

1月23日に耳鼻科に行って来ました。
その時の話によると、今年も2月中旬から飛び始めるので、2月頭くらいから治療を始めるのが良いとのことでした。
自分の場合は毎年、2月中は毎週通い、3月4月は2週間に一度、薬だけもらうような流れです。
医者に通うのは面倒ではありますが、あの苦しみにくらべれば屁でもありません。
鼻の粘膜を焼くとか花粉を注射するとか色々な対策があるみたいですが、ちょっと怖いので自分にはこれが丁度いいと思っています。


花粉症は症状がくしゃみと鼻水だけなので適当に対処しがちですが、自分にとっては生活に支障をきたす厄介な病気でした。
今思えば当たり前なのですが、早いところプロに診てもらうのが一番だと思います。
治療を始めるなら今のタイミングが良いらしいので、花粉症に苦しんでいる方は自己流で試行錯誤するよりも、一度耳鼻科で相談してみたらいかがでしょうか。