githubのpagesを使う

そんなに使う気がなかったけど、設定をいじっていたら勝手に出来上がってしまったので、使い方をメモしておく。
設定画面から作成をすると、10分後くらいにメールが来ます。
gh-pagesというブランチが出来ているので、
http://pages.github.com/
のProject Page Generatorの項を参照。
基本的には

$ cd Repos/ampere
$ git fetch origin
remote: Counting objects: 92, done.
remote: Compressing objects: 100% (63/63), done.
remote: Total 68 (delta 41), reused 0 (delta 0)
Unpacking objects: 100% (68/68), done.
From git@github.com:tekkub/ampere
* [new branch] gh-pages -> origin/gh-pages
$ git checkout -b gh-pages origin/gh-pages
Branch gh-pages set up to track remote branch refs/remotes/origin/gh-pages.
Switched to a new branch "gh-pages"

で問題ない。
一度 git checkout -b gh-pages origin/gh-pagesをすると、gh-pagesというブランチが見えるようになる。
git branchコマンドで確認できる。
以降は、git checkout gh-pagesでブランチを切り替えることができる。
masterで編集中の時は、commitをしておくか、git stashで一時保存をしてからブランチを切り替える。
git stashしたデータは、git stash popで戻せる。

広告を非表示にする